黄色いシャツに感謝!!

Posted by on 2013年7月27日



                                                                新宿中央通りのある、新宿駅東口地域では、この地域を管轄する「新宿東口商店街振興組合」の呼びかけで、2005年の8月からウイークデーの午後4時に、地域のお店が一斉に街のお掃除をすることにしています。
 お掃除開始の合図は、街に流れる『お掃除ブギウギ』の歌声です。歌っているのは、新宿中央通りの「初代ハルちゃん」として活躍した[西口真生]さんです。 曲が街に流れると、店々から人が出て、一斉にお掃除をするのですが、スタートから8年も経った現在、最初の勢いにちょっと陰りが見えて、出てくる人は少なくなっています。
 もちろん、街のどのお店も、開店前などには店頭の掃除をしますが、営業中に道路のお掃除までは手が回らないのが実情です。
そんな中で、毎日欠かさず、ホウキ、チリ取り、ゴミ袋などの道具一式を携えて、黙々と清掃活動に打ち込む人達がいます。
黄色いTのシャツユニフォームを着ている地元のボランティアグループの皆さんです。メンバーはそれぞれ自分の仕事を持っているのですが、指先のかじかむ真冬も、ジリジリと油照りの猛暑日も、一日たりとも休むことなく午後4時になると、街の一角にごく自然に集合してお掃除を始めます。
 毎日、数十万人のお客さまが街に来て下さるのは、とても有難いのですが、人出が多ければハンパじゃない量のゴミも残りますので、お掃除活動に終わりはありません。
 お掃除の傍ら、通りがかりの人に尋ねられて、道案内もしますし、判り難い場所などは同行案内することも珍しくはありません。
 掃いても、拾っても、片付けても、毎日ゴミは減りません。大勢の人がゾロゾロあるく街の中で毎日わき目もふらずにお掃除に打ち込む方々には頭が下がります。
 ボランティア仲間も募集しているとのことです。新宿で、黄色いシャツのお掃除ボランティアを見かけたら、気軽にひと声かけて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です