帰りたい旅デリシャット日誌9

Posted by on 2020年5月4日
能取湖 サンゴソウ(緑色)
能取湖 サンゴソウ(深紅色)

能取(のとろ)湖が見えた、網走管内に入りました!サンゴ草の名所ですが、時期的に早かったので、青々とした緑色が点在しています。夏頃には深紅になり見応えがあるようです。広々とした空間がある、湖に沿って歩けば網走地区が間近い、心地よい風に誘われて歩いている。自然と過ごしていると些末なことに囚われていることが嘘のようだ!

網走市は、能取湖・網走湖・濤沸湖(とうふつこ)の網走国定公園でラムサール条約(湿原保存)指定されている地形になっています。まずは、網走駅に向かっています。駅舎内で用足しを済ませ待合室で牛乳とパンで腹を満たし暫し休息とる。

網走駅

網走に来て、観光名所の一つ「網走監獄」https://www.kangoku.jp

網走駅から約4kmと近いので見学することにした。刑務所が観光地になっていること不思議です。明治時代から今日まで網走の発展に寄与した歴史的経緯があります。

網走監獄
網走刑務所

刑務所をあとにして、網走港に行く。大型クルーズ船も係留できる港湾です。港から眺める海原に思いを託す。私自身の旅には、日本で生まれた外国人の心を見つめることがあります。民族意識でしょうか! この地、北海道も先住民族アイヌ居住地です。各地名に残っています。2か国語と民族の心を持って生活している自分が存在すること。一歩踏み出した地、北海道一周して考えていく旅人になっています。

網走港 大型クルーズ船 停泊

今夜は、網走駅前の何処かで一夜過ごす。明日から知床半島 知床国立公園(世界自然遺産)地に向かう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です