帰りたい旅デリシャット日誌16

Posted by on 2020年7月2日

襟裳岬から左側の海岸線と右側に日高山脈の丘陵眺め、浦河町(うらかわちょう)経由して静内町・門別町まで目指す。襟裳~336号線で浦河町まで約53㎞。そして235号線で静内町へ約42kmある。さらに門別町まで約38km。襟裳岬で行先表示したら、バイクロードのお兄さんに乗せてもらいます。2000CCダンデム走行になり、予備のヘルメット借用して同乗ですが、少し怖がっていたら安全運転で行くから安心しなぁ~!バイクに同乗するには初めての経験でもあり、興味津々だった。早速、門別町に向かって行く。海岸線走っているため、磯の匂いと向かい風になんとも言えない快感だ!ガッチリつかまり疾走する

浦河町表示板
浦河町の馬牧場
日高町の表示

映画好きの為、あるシーン想い出した。1970年代のニューシネマに興味があり「イージー・ライダー」場面を重ねた。観賞された方が多いと想う。メキシコからロサンゼルスの平原を走っている場面だ。場面内バイクもカッコ良かったが、俳優ピーター・フォンダとデニス・ホッパーのコンビが印象的でした。

機会があれば、再度観賞したい映画だし、70年代の背景感じられる。50年前と今では、社会状況が違うが、旅には共通する何かがあるでしょうか? 当時の映画鑑賞として1969年作品「Midnight Cowboy/真夜中のカーボーイ」ダスティ・ホフマンとジョン・ボイド2人の都会生活から孤独な生きざまが印象に残っている。2作品共、同時代の想いが詰まっている作品だ。 https://www.youtube.com/watch?v=iTdmLUav0Io  

僕デリシャットには、クラシック作品に興味があり好きですね! 景色に見惚れている余裕がなかったが、好きな映画を想い出したら門別町に着き、お兄ちゃんと別れた。これから内陸の富良野に行きラベンダーが色とりどりの丘を見るか。

日高門別駅前

海岸線に沿って白老町・(アイヌ民族共生象徴空間・ウポポイ)に寄るか。どちらも行く予定。また、その地で暫し働けたら嬉しい。牧草地かウポポイでバイトしたいと前々から考えていたことだった。暫し門別町・日高門別駅で休息して次の方向考えます。

静内町風景

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です